« 木造モルタルの王国 | トップページ

2012年5月18日

円山まどかでした

581

582

583

584
円山まどかです。

円山は自分がひとに怒れるようなご立派な人間ではないと自覚しているが、それでもどうしても許せないタイプというものが三つだけ存在するのである。
それは「茶碗に米粒を残すタイプ」であり、「自転車で道の右側を走るタイプ」であり、「風呂の湯に埃とかを浮かべて流さないタイプ」の三者である。

 

ちなみに三つめに関してだが、最近父のあと風呂にはいると皮脂がぷかぷか浮かんでいることが多く、親の老いを感じてちょいと切ない円山だ。老いなら仕方ない、といえば仕方ないのだが、ただ剥がれたらそれはもう「人体」ではなくて「残滓」なわけで、風呂桶に人体は浮かべるけど残滓は浮かべないでしょ、流しましょうよ、って話です。

いや、三つめはやや強引な気もする。嫌いのあいだになにか道筋をつけるべきか。かといってそれも強引でしかない。いっそ二者にするべきだったか。それもなにかキリが悪い。

 

てなことを、ブログはじめてこのかたずっと考えて過ごしてきました。頼まれてもいないのに。約一年ちょい。べつに漫画が専門でもないくせに、よくまあ一年やったものだと思うこの三日坊主が。
いや専門でないからこそ、はじめから一年とは決めていたわけだ。理由はいろいろあるけれど、面倒なんでここでは書かない(このブログこんなんばっか)。ていうか一年もったのも、よもやアルバイト時における「あと三十分で休憩だ」と類似の心理だったりするんだろうか。てえと読んでくれたひとに失礼な気がするが、長いようで、短いようで、やっぱり長いようで、いつのまにかこれを書いている。

 

きれいに終わらせるために三月ごろから伏線を張っておく手筈だったのだが、年度末に限ってやたらめったら忙しく、うっかりタイミングを逃してしまった。

ただ五月にはいって相方であるトケシが急に就職を決め、じゃあ最終回はそれで、って滑りこんだ具合だ。トケシが就職を決めてからはほぼライヴです。
だからなんだか終了が急に思われるし、正確には一年と二ヶ月になるわけだけど、一年もあればフリーターだった友人が就職決めちゃうし、親の皮膚は剥がれるし、現実なんてそう、急なものです。伏線の読める人生なんてそうそうないぜ、ハニー。
ま、とにかく。

 

てなわけでほぼ「素人がPhotoshopを覚えるブログ」と化したこのブログも今回で終わりだ。

レイヤーのつかいかたは最近覚えたばかりだったりする(遅いね)。はじめから漫画を描くつもりは毛頭なく、文字だけじゃ寂しいから「挿絵」でもつけようかしら、くらいの考えだったんだよ本当は。
おかげではじめのほうなんざえらいことになっている。あまり残しておきたくはない。

でも、「ただで読める読みものをひとつ作る」というのが当初の予定通りだったりするんである。
将来ネットインフラが代替わりして読めなくなるまで、ネット上に読みものが一冊転がっている塩梅だ。好きなときに好きなところを開いて暇を潰してもらえれば幸い。つうか下手すりゃ本より読者いるんじゃねーの(洒落にならなんな)。

 

ともあれだから、読んでくださった皆々様。本当にありがとうございます。
思いがけず多くのひとに読んでもらえた果報者のブログでした。円山は普通の男の子にもどります。いやごめんもどりません。普通になる前にまずは人並みにならないと。
相方もいちぬけたんだしね。

あ、それで思いだしたけどトケシも含め、勝手にネタにしちゃった地元のやつら。彼女でもできたらネタにされるんじゃねーかと戦々恐々としてたみたいだけど、もうネタにしようがないんでお好きにやれや。
ほんとに作れるもんならな。

585

586_4
円山まどかでした。

« 木造モルタルの王国 | トップページ

コメント

blog、とてもおもしろかったです。

ありがとうございました。
気が向けば番外編など、お待ちしております。

円山まどかです。
>bicoさん
最後まで見ていただいて、ありがとうございました!
あまりコメントのない静かなブログだったので、
最後の最後にそういわれて、どきどきしております(笑)


>ねこピタさん
いや、こちらこそどうも。ありがとうございました。
番外編とは……全然考えてなかった。それなりに綺麗にまとめてしまったので、どうだろう、
やるかどうかはわかりませんが、そのときはまた楽しんでいただければ幸いです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 円山まどかでした:

« 木造モルタルの王国 | トップページ

フォト
無料ブログはココログ

Twitter